心と脳


精神的なダメージを受けている状態というのは、病名がついていない状態だとしても、人の身体的機能としては、脳がダメージを受けて いるということになります。多くの場合、継続的に受ける精神的ストレスが脳の働きに影響を及ぼし、脳内ホルモンが正常に分泌しなくなることで、様々な 問題のある状態や疾患に結び付いていきます。こういった状態においてカウンセリングでは、ストローク(表情・声のトーン・動作など)を含む会話によって人 の感情にアプローチし、脳内ホルモンの分泌を正常化しようとするものです。
カウンセリングと同時に脳内ホルモン分泌の正常化に効果のある栄養素を摂取することで、さらに良い効果が期待できます。
スプリング・カウンセリングサービスのカウンセリングでは、心が折れてしまった時や気持ちが落ち込んだ時、またそういった状態になり難くするための、食事についてもお伝えすることができます。