ミッション

日本がストレス社会と言われるようになって、もうどれくらい経つでしょうか?
今や三人に一人は鬱症状を抱えていると言われる社会になりました。
最初はほんの小さなつまずきだったり、ちょっとした心のすり傷だった・・・それが気づか
ぬうちに自分の身体や心に大きなダメージを与える暗くて重い存在に なってしまうことは、どなたにでも起こり得ます。
精神的なダメージを受けるのはその方の心が弱いからでも、性格のせいでもありません。
人間なら誰でも長期間に渡ってストレスを受け続けると心が病気になり、どんどん回復が難しい状態に陥っていきます。

年間の自殺者が三万人を超える日本という国。それは、この国の中で「心のケア」が敷居の高いものであったり、漠然と後ろめたいものであったり、また危険性 を知らぬまま安易に薬を服用するといったようなことが大きな要因となっているのではないでしょうか?
スプリング・カウンセリングサービスは、日本の社会の中でカウンセリングが日常的で気軽なサービスとして、人々の生活に浸透し、一人でも多くの方の健全な生活を守っていくことをミッションとして掲げ活動致します。